サービス体制
利用者に関わるすべてのスタッフが
チームとして連携しています。
オアシスセンター内ではさまざまな職種が働いています。これらの専門職の仕事は、センターを利用してくださる方が、どのように生きていきたいかの希望をお話いただいたときにはじまります。その希望は大きな目標となり、利用者ご本人およびご家族の方はもちろんのこと、関わるスタッフ全員がひとつのチームとして連携し、その明確な目標に向かって歩み出します。このときに重要なのが、情報を密に交換し、ケアにおける目標を共有し、各々の職種が担う役割を確実に果たすことです。この考え方がオアシスセンターの「チームアプローチ」です。この専門的な見地によるチームアプローチで、ご本人の自立を支援することこそが、オアシスセンターがめざす包括ケアです。
ご本人及び家族と看護・リハビリ・介護職の「多職種協働」

支援プログラムはこちら
サービス品質はこちら
看護師
理学療法士
作業療法士
社会福祉士
管理栄養士
サービス総合職
言語聴覚士
介護福祉士
ケアマネージャー
フードコンサルタント
▲ページトップ
サイトのご利用について 個人情報保護方針 利用目的に関するご案内